じくじくした痛みを感じた時は歯医者へレッツゴー!

インプラントの基本

インプラントの治療を受けるべき理由

歯を失った際に施す治療法には入れ歯、ブリッジ、インプラントがありますが、この中で断然受けるべき治療法はインプラントです。なぜなら、インプラントの治療を受ければ、歯を失う前と同じように快適に過ごせるからです。 なぜ、インプラントの治療を受ければ快適に過ごせるのかというと、噛む能力が再現できるからです。入れ歯もブリッジも外見上は歯を再現できても、噛む能力まで再現することは困難です。なぜなら、入れ歯もブリッジも歯の固定が必ずしも十分ではない治療法だからです。歯の固定が十分でなければ、当然、噛む能力が高いレベルに達することは困難となります。 その点、インプラントは、しっかりと歯が固定されています。厳密には、人工歯を装着する人工歯根が顎骨に強固に結合しています。ですから、天然歯と同じように噛んだとしても全然問題ないのです。従って、インプラントが失った歯を補う最善の治療法なのです。

相場よりも低い治療費で済ませる手段

但し、残念なことにインプラントにはデメリットも存在しています。デメリットとは、高額な治療費です。治療費の相場は、1本30万円程度となっています。 勘違いしている人もいるかと思いますが、インプラントの治療には保険が適用されます。しかし、保険が適用される治療は、ごく一部となっており、大多数が保険が適用されない治療として行われています。ですから、治療費の相場が1本30万円と高額になってしまっているのです。 保険が適用される範囲が拡大されない限り、高額な治療費は根本的には改善されないことでしょう。ただ、相場よりも低い治療費で済ませる手段はあります。 保険適用外の治療費は歯医者によって違いますから、当然、相場よりも安い治療費の歯医者もあります。中には、相場の半額程度で治療を行っている歯医者もあります。 また、実際の治療費は安くなりませんが、実質、安くなるという手段もあります。年間で10万円以上の医療費の支払いがあると、納めた税金の一部が還付される医療費控除という制度があるのですが、この制度を利用すれば良いのです。但し、医療費控除に該当しない場合もありますから、歯医者に事前に確認した方が良いでしょう。