じくじくした痛みを感じた時は歯医者へレッツゴー!

子供の歯を健康に

維持するためには

幼児や子供の虫歯は、将来の歯並びに大きな影響を与えます。歯並びだけではなく、噛み合わせにも影響を与え、全身の健康と大きな関わりが生まれてきます。幼児期のオーラルケアの重要性が広く認められるようになり、虫歯の予防は幼児から行なう必要があると認められてきました。幼児期の虫歯予防には、日常のブラッシングと小児歯科での定期検診だけで済みます。とりわけ困難ではなく、親子での取り組みだ予防することが出来るのです。小児歯科での検診も半年に1回程度で済み、さほど負担にはなりません。治療に必要な費用も、3千円前後で済みます。これらを取り入れることで、子供の歯を健康に維持することが出来るのです。

「予防治療」をうけ、健康な歯を維持しよう

今日、予防治療として小児歯科等にかかることは、珍しいことではありません。治療重視の傾向ではなく、予防やカウンセリングを重視する傾向になっています。「虫歯」になってから治療を受けにいくのではなく、どう防ぐかに重点が置かれるようになっているのです。予防管理への関心が高まるにつれ、多くの小児歯科ではカウンセリングの時間を設けています。歯の状態をチェックするだけでなく、食生活や生活習慣の改善を指導し、予防に努めます。かかりつけの小児歯科医を持つことで、子供の歯の健康を一生涯維持することが出来ます。小児歯科は1人1人の検査内容を記録し、予防プランを作成していきます。子供の健康な歯を維持するためには、毎日の家庭でのケアと小児歯科での検診が必要になるのです。